どうしてもバターロールがつくりたいワケ

バターロール

バターロール

卵とバターがたっぷりのふわふわなリッチなパンは幾度と作っていますが、この形のバターロールはどうも苦手です。生地を細長くするのでベンチタイムをとる必要があるし、麺棒で20〜25㎝の長さにするには場所をとるし(普段私は成形作業を天板の上で作業しているのでネ)、仕上げの卵を塗らないといけないし、成形時間はかかるし…ということでけっこう避けて通っていたパンでしたから、作る機会も少なく、全く上手にならなわいわけです。

ですが、甘くてふわふわでコッテリとしたこのパン生地は美味しいので大好きなので、たいてい、このテのリッチパンは食パンにしたり、丸のままだったり、というのが定番でありました。

丸バターロール

丸バターロール

生地がロールされているので、焼きたてを手でちぎろうものならロールがほどける感じになってサックリちぎれませんから…焼きたてパン派の私は、サックリとした丸パンや、しっとりクラムを存分に楽しめる食パンの方好きです。なので、バターロールの成形をあえて頑張る必要は無いのだけど…。

やっぱり憧れるのです!モリ!モリ!モリ!っとした3段になっている絵に描いた様なバターロール!
バターロール1

これはもう、「食べたい!」というより、「作りたい!」という気持ちの方が強いです。ということで、今年中にはどうにか自分のものにしておきたいと思います。研鑽の日々が続くのであります。

ジョンソンヴィル・ソーセージ

コストコで人気のこのジョンソンヴィル・ソーセージ、実はけっこう近所のスーパーにも売っていたりもします。でもスーパーだと1パック700円くらいしますから、コストコの2パック1000円はお買い得です。

我が家は普段ウィンナーはあまり食べないのですが、時々思いっきりジューシーでこってりとしたソーセージにかぶりつきたい時がありまして、そんな欲求にこのソーセージはガツンとヒットしてくれます。

焼いて食べるのが一番好きですが、この太さですから、ポトフに。朝食は昨晩の残りものです。ポトフやカレーは翌日の方が美味しいですねぇ。

IMG_5337

バターロール

満足度
90%

 本日の個数

10個

  本日の材料

赤文字部分は「基本のパン【シンプルプチパン】イースト編」のアレンジ箇所です。

※溶き卵は1個分のうち30gを生地に入れて、残りをつや出し用に使います。

強力粉 300g250g
薄力粉 50g
ドライイースト 3.5g(小さじ1)
予備発酵のぬるま湯 30g(大さじ2)
予備発酵の砂糖 2g
155g135g
砂糖 18g30g
4.5g
バター 30g
溶き卵(生地用) 30g
溶き卵(仕上げ用) 適量
仕上げ用強力粉 適量

  本日の焼成温度と時間

焼成温度 190℃180℃
時間 15分

 本日の発酵条件

2次発酵 25分
2次発酵の場所 30℃:10分
余熱中のオーブンの上:15分


いつもたくさんのご訪問&応援クリックを本当にありがとうございます!
よろしければ今日も「読んだよ」のしるしに
下のバナーを押していただけるととっても嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると嬉しいです♪

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です