パンに胡麻油を練り込んでみたら!?

ごまパン

ごまパン

ベースの生地に胡麻油と白黒いりゴマを入れて、さらに黒白いり胡麻を表面につけてみました。もう、ごまだらけですネ。パン生地に練り込んだ胡麻よりも表面に張り付けたそれの方が香ばしい胡麻感を演出している気がします。今回練り込んだ胡麻は白黒それぞれ大さじ1ずつでしたが、より胡麻感が欲しい方は倍量入れても良いかもしれません。

胡麻油

パンにオリーブオイルやバターを練り込むように胡麻油も入れてみました。太白胡麻油ではなく、香りのある方の胡麻油です。胡麻油は香りが強いから…どうなっちゃうのかな、と恐る恐る大さじ1ほど練り込んでみました。これが、思ったほど主張することはなく、なかなかちょうど良い具合の風味でした。胡麻パンに限らず、胡桃パンや黒コショウのパン等に胡麻油を加えてみても合いそうです。

オリーブオイルと塩でパンを食べる様に胡麻油と塩ではどんなものかな、とこれまた恐る恐るやってみましたが、これは失敗。ほんの少〜しの胡麻油でも香りが強烈で、パンの味はかき消されて口内胡麻油でいっぱい!!!生胡麻油強烈!

胡麻とはちみつ、これはナイスコンビネーション!でした。

ごまパン断面

もやしの中華スープ

もやしのピリ辛中華スープ

胡麻油を使ったパンだったので、今朝のスープは中華風に。私的に、にんにくと生姜とネギが入ると何でも「中華風」ということになっています。塩麹をからめておいた昨晩の残りの豚肉、もやし、人参、香味野菜を炒めて、塩麹と湯を加えて軽く煮立てて完成。大人用にはここに「万能唐辛子ジャン」を乗せます。あれ?こうなると韓国風になるのかな?

万能甘辛唐辛子ジャン
小さなこどもがいると、予め辛みを加える料理ができませんから、我が家では回鍋肉、麻婆豆腐、バンバンジー、中華サラダ…主に辛みが欲しい中華料理に...

長女からは「もやし入れ過ぎダヨ」ってコメントがありました。

ごまパン

満足度
90%

 本日の個数

8個

  本日の材料

赤文字部分は「基本のパン【シンプルプチパン】イースト編」のアレンジ箇所です。

強力粉 300g
ドライイースト 3.5g(小さじ1)
予備発酵のぬるま湯 30g(大さじ2)
予備発酵の砂糖 2g
155g
砂糖 18g
4.5g
ごま油 大さじ1
白・黒ごま 各大さじ1
白・黒ごま(トッピング用) 適量
仕上げ用強力粉 適量

  本日の焼成温度と時間

焼成温度 190℃
時間 15分

 本日の発酵条件

2次発酵 25分
2次発酵の場所 30℃:10分
余熱中のオーブンの上:15分


いつもたくさんのご訪問&応援クリックを本当にありがとうございます!
よろしければ今日も「読んだよ」のしるしに
下のバナーを押していただけるととっても嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると嬉しいです♪

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です