室温20℃での二次発酵は何分必要なのか

全粒粉プチパン

全粒粉プチパン

朝食のパンとは違って、昼食用のパンは時間に追わることなく発酵させることができます。今日は長女の学校が土曜参観の代休だったので、夫と私と長女との3人の昼食。我が家の大定番の「全粒粉のプチパン」+「カレースープ」です。
カレースープ…といっても、冷蔵庫の中にあった、いつのかわからないカレールーひとかけを野菜スープにポトンと入れただけです。

いつも思うけど、土曜日に参観等のイベントが数時間あるだけなのに、月曜日が丸一日代休ってどういうことなんでしょ…。9月10月と連休に代休に教師の研修のため短縮授業だとかでなんだか休みばかりでした。

最近の室温20℃では二次発酵は何分必要なのか

さて、最近少々寒くなってきました。二次発酵の時間が不安定です。夏場(といっても札幌の夏ですからキンキンには暑くないです)は室温で30分もすればほどよく発酵していましたが、最近は室温20℃で30分前後+余熱オーブンの上15分前後、合計で40分強という感じです。今日は「最近の室温だけで発酵すると二次発酵には何分必要なのか」ということを調査しました。結局のとことろ60分くらいでした。

エクストラバージンオリーブオイル

我が家では基本的にパンには「オリーブオイル+塩」です。しこたまこだわったオリーブオイルを使っていることを自慢したいところですが…色々試した結果、これが一番好きでした。

2012123110411912c

全国どこでも売っているこれです。色々試してみては自分の好みを探っていたのですが、これに戻ってきてしまうのです。妙なクセや苦味が無く、ほどよいフルーティーさと香りがあり味わいも安定しているところが気に入っているのです。もっとこだわった個性的な銘品を常用している自分でありたいところですが、正直コレが今のところ一番のお気に入りなのが嬉しいような残念なような…微妙な心境です。

それでも最近、美味しいなぁー、としみじみ思ったオリーブオイルはこちら。

カステッロ・モンテヴィビアーノ・ヴェッキオ社「エキストラバージン・オリーブオイル」

お菓子の「たねや」が販売しているオリーブオイルです。まるで化粧品の様な可愛い瓶に入っていて冷凍状態で届きます。新鮮なオリーブオイルをフィルターにかけずに−25℃で凍らすことでエメラルドグリーンの新鮮そのままのエクストラバージンオリーブオイルを楽しめる…とのこと。

たねやのオリーブオイル

冷凍状態で届きます。

たねやのオリーブオイル

食べる分だけ解凍します。

ネットのイメージ写真ほど「エメラルドグリーン!!!!」ではなかったものの
味は爽やかでフルーティーで妙なクセが無く食べやすいです。
IMG_2268
このオリーブオイルは長男の内祝のお菓子を「たねや」に注文したついでに自宅用にと注文したものです。とっても美味しくて大満足でしたが、実際これだけのために冷凍便の送料をかけて、「瓶がもったいない…」と思いながら「たねや」に注文することはないと思います。頂き物なら大歓迎といったところですが…。
これといっていつものオリーブオイルに不満があるわけでもないので、かくしていつもの様に私はいつもの「味の素オイリオのエクストラバージンオリーブオイル」に戻ってくるのでございました。

全粒粉のプチパン

満足度
90%

もう100回は焼いたかもしれない我が家の大定番のパンです。今日は細挽全粒粉のみ25gをブレンドしてみました。

   レシピをアップしています

噛み締めるほどに美味しい全粒粉プチパン
我が家で一番良く食べるパンです。 全粒粉のバランスが我が家好み。小麦本来の味わいがしっかりします。 全粒粉のパンには少し強めの焼き色が付...

   本日の個数

10個分

  本日の材料

 赤文字部分は基本のパンのアレンジ箇所です。

強力粉 300g275g
細挽全粒粉 25g
とかち野酵母※ 1回分(※5g)
135g(※185g)
砂糖 18g
4.5g
仕上げ用強力粉 適量

※はドライイーストの場合。

  とかち野酵母の予備発酵の仕方はこちら

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃
焼成時間 15分

 本日の発酵条件

室温 21.5℃
湿度 50%
2次発酵 60分
2次発酵の場所 調理台(室温)

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です