ごはん用の雑穀ミックスをそのままパンに入れたらこうなった

雑穀パン

雑穀パン

随分前に買ったご飯に混ぜて炊くミックス雑穀
「はくばく」の「まいにちおいしい雑穀ごはん」

発芽玄米、もちあわ、大麦、黒米、アマランサス、はと麦、キヌア、白ごま、もちきび、とうもろこし、赤米、黒ごまがミックスされています。2合〜3合のお米をといで通常の加減で水を加え、さらにこの「雑穀ごはん」を一袋(25g)+水50ccを加えて軽く混ぜて、普通に炊きます。雑穀ごはんにはカルシウム、食物繊維、 鉄やマグネシウム、ビタミンB群が豊富に含まれている上に、プチプチとした食感が嬉しいですよね。私は大好きです。たまに外食で「白米と雑穀米どちらにしますか?」なんて聞かれたら迷わず「雑穀米」を選ぶ派です。でも夫は好きじゃないみたいで「雑穀米にしないでいつも白米にして」と言われて以来お蔵入りしていました。

雑穀

雑穀ごはn

お蔵入りしたままではもったいないので、パンに入れようと思いましたけど、さぁ、どうやって入れようか…。まさかこのまま入れたら固いよね。ということで、一晩水に漬け置いて、いつも通りにパンを焼きました。でも、ほぼそのままに近いです。雑穀(特に米類)はちっとも柔らかく無く、ぷちぷち食感…なんて可愛いものではなかったです。歯に詰まりそうでした。茹でおけば良かったです。

ポトフが美味しい季節

豚バラ肉の塊を5%の塩で1週間漬けて作った塩豚で、昨晩はポトフを作りました。味付けは塩麹と胡椒、それにローレルを忍ばせるだけです。塩豚の旨味と塩麹の魔法でびっくりするほど濃厚なスープになります。今朝はその残りを頂きました。煮物やカレーやシチュー、翌日のそれは味が馴染んで旨味が増しますから、本当に御馳走ですよね。私はポトフが大好きで信じられないくらいたっぷり食べるので、いつも巨大鍋で作っています。冷蔵庫の野菜も激減します。

ポトフ

この少ない量は娘用

ドリュール再び

先日の記事で「今度やってみたい」を宣言したので、早速やってみました。「全卵に10%の牛乳と塩を混ぜて溶いたドリュール」塩を混ぜると卵のコシが消えて塗りやすくなるんですね。2度塗りした方が良く色づきます。卵黄+水バージョンより優しい色合いだと思います。微妙に残った卵はスープやみそ汁に入れようと思います。

生地材料の水を牛乳に差し替えてみた
パンに入れる水を牛乳にするだけで、砂糖の甘さとは違うふんわりとした優しい甘さが加わって、牛乳独得のイイ香りが漂います。シンプルなプチ...

五穀

雑穀パン

満足度
45%

炊飯用の雑穀ミックスを使う場合は、あらかじめ茹でておく等、下準備が必要ですね。
浸水するくらいじゃダメです。(あたりまえ?)

   本日の個数

10個分

  本日の材料

 赤文字部分は基本のパンのアレンジ箇所です。

強力粉 300g
とかち野酵母※ 1回分(※5g)
135g(※185g)
砂糖 18g
4.5g
仕上げ用強力粉 適量
ドリュール 卵1個+卵の10%の牛乳+塩少々)

※はドライイーストの場合。

  とかち野酵母の予備発酵の仕方はこちら

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃180℃
焼成時間 15分17分

 本日の発酵条件

室温 20℃
湿度 50%
2次発酵 55分
2次発酵の場所 調理台(室温):35分
オーブンの上:15分
素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です