かもめ食堂風シナモンロールを作ってみた

かもめ食堂風シナモンロール

かもめ食堂風シナモンロール

先日の記事で宣言しました通り、今回「かもめ食堂風シナモンロール」を作ってみました。生地にはカルダモンを混ぜました。カルダモンとシナモンはナイスコンビです!(私はシュトーレンにもこのコンビを使います。)これで一気に奥行きのあるシナモンロールの味わいに!
朝からパンこね用台を持って来て、生地を伸ばし、バターを塗って、シナモンシュガーをふりかけて、丸めてカットして…。朝用のパンにしては随分手が込んでしまい、ポリシー?に反していますが…休日だし、たまにはこういう手の込んだものも良いでしょう。ワッフルシュガーが無かったので、ザラメをパラパラふりかけました。先日の記事でも思ったのですが、シナモンロールはやっぱる「思いっきり甘いのが良い!」と思います。ザラメパラパラより、アイシングをた〜っぷり!で、生地にもバターや卵が入っているふんわりコッテリめの方が個人的には好きです。
ただ、我が家の場合は「おやつパン」ではなくて、「朝食パン」として登場させたので、むしろこのくらいのサッパリめがちょうど良かったのかもしれません。

シナモンロール

普通の渦巻きでも十分可愛いですけどね。

整形方法

この独得の形のシナモンロールの整形方法は意外と簡単。

約35㎝角に伸ばした生地に溶かしバターを塗ります。さらにシナモンシュガーをふりかけ、手前からクルクル巻いてロール状にし、ナイフで台形(ハの字型)にカットます。

シナモンロール生地

台形の幅の狭いほうを上にして立て、山の頂上に両手の小指を一文字にギューっと押さえつけます。(映画では両脇にひっぱる感じでしたね)

シナモンロール台形

シナモンロール指

焼成前につや出しの溶き卵を塗って、ワッフルシュガー(私はザラメ糖)をふりかけます。

フィンランドのシナモンシナモンロール

「かもめ食堂」のこの形のシナモンロールはフィンランドのシナモンロールで「Korvapuusti(コルヴァプースティ)」といい、直訳すると両耳ピンタっていう意味だそうです!実はシナモンロールはスウェーデン発祥だそうで、こちらは「Kanelbulle(カネルブーレ)」というそうです。北欧各国でそれぞれ個性あふれるシナモンロールがあるみたいです。リースの様なシナモンロールも素敵です…。

かもめ食堂風シナモンロール「コルヴァプースティ」

満足度
100%
今回は生地にカルダモンを混ぜ込みました。シナモンだけの風味よりグンと奥行きが増します。冷蔵庫にホシノ天然酵母がまだ残っていたので、今回はこちらを使用しました。kotu

 本日の個数

8個

  本日の材料

 赤文字部分は基本のパンのアレンジ箇所です。

  パン生地

強力粉 300g250g
薄力粉 50g
とかち野酵母※ 1回分(※5g)
ホシノ酵母種 25g
135g(※185g)
牛乳 175g
オリーブオイル 大さじ1(13g)
砂糖 18g
4.5g
カルダモン 小さじ1/2
仕上げ用強力粉 適量

※はドライイーストの場合。

  フィリング

バター 10g
シナモン 小さじ1(4g)
グラニュー糖 30g

  仕上げ

1個
ザラメ糖 適量

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃
焼成時間 15分16分

 本日の発酵条件

室温 19℃
湿度 48%
2次発酵 78分
2次発酵の場所 調理台(室温):60分
オーブンの上:18分

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です