存在感のあるプルーンパンの作り方

プルーン入ライ麦パン

プルーン入ライ麦パン

プルーンがごろごろ入っているパンをスライスしていただくのも良いけれど、たまには大粒のプルーンをプチパンにドンと包んでみるとちょっと新鮮です。焼きたて熱々をいただくと甘酸っぱいプルーンがとろりとして、濃厚なソースの様でプルーンの存在を強烈に感じることができます。

本日はライ麦少々をブレンドした生地にプルーンを2粒ずつ包んで焼きました。1人1個、4個のパンに入れました。娘には「プルーン入はひとり1個なの?全部(10個)に入ってないの?ケチくさいー!」なんて不満を言われましたがプルーンは贅沢品ですからね。じゃ、2個づつじゃなくて1粒づつ包めば?という感じもしますが、ここは1個のパンに2粒入っているボリューム感と贅沢感は味わいたいので譲れません。しかもせっかく2個のパンをいただくなら、1個に1粒入っているものを2個いただくよりも、1個に2粒入の贅沢パン+プレーンなパンをいただく方がバリエーションがあって楽しいと思います。

パンリース

クリスマスが近づいてきました。一昨年作ったパンリース、今年も健在です。素敵なリースって買うとけっこう高いですが、パンで作るとリーズナブルな上かなり素敵です。しかも簡単です。ポイントはカチコチになるまでしっかり乾燥させてから飾り付けをすることです。ついつい早く飾り付けしたくなってしまうのですが…乾燥が中途半端だと飾っているうちにさらにパンが縮んでリボンがゆるんできてしまいます。

リース

プルーン入ライ麦パン

満足度
95%

クープは深めにして、中のプルーンがちらりと見えるのが可愛いです。

   本日の個数

10個分

  本日の材料

 赤文字部分は基本のパンのアレンジ箇所です。

強力粉 300g240g
薄力粉 50g
ライ麦粉 10g
とかち野酵母※ 1回分(※5g)
135g(※185g)
砂糖 18g
4.5g
仕上げ用強力粉 適量
プルーン プチパン1個につき2粒

※はドライイーストの場合。

  とかち野酵母の予備発酵の仕方はこちら

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃
焼成時間 15分

 本日の発酵条件

室温 20℃
湿度 55%
2次発酵 35分
2次発酵の場所 調理台(室温):20分
オーブンの上:15分
素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です