ブールが5種類しか置いていないパン屋

Pause Pane Acacia (ポーズパン アカーチャ)

bause

日ポストに小さなチラシが入っていました。ポーズパンの2号店が近所にオープンしたとのことでした。ポーズパン…?あぁ、札幌中央図書館のちかくにあるひっそりひっそりあるパン屋さんか。数種類の食事パンしか置いていないこだわりのパン屋さんが中央図書館の近くにあるのは知っていたけれど、なんせ市電沿いで車停めにくいし…ハードパンは大好きだけど、食事パンだけのだめにわざわざ買いに行く気分にもなれず、行った事の無いパン屋さんでした。
そのポーズパンの2号店が11月にオープンしたみたいですね。我家から徒歩圏内ですが、チラシででも入っていなければ永遠に気づくことは無かっただろうな、というくらひっそりひっり…人通りのほとんど無い場所です。

今日は夫と二人の昼食。平日なのでこども達がいないので、こういうハードパンの昼食もアリかな、と思い、散歩がてらにポーズパンアカチャーに行ってみました。(あかしや公園の近くにあるから「Avacia アカーチャ」なのね)

やっぱり5種類しかない

bause2

店にはやっぱり5種類のパンしかありません。しかも丸いブール。食パンもフランスパンといったカタチのもありません。

本日は夫と二人で食べるから、味見がてらにハーフカットを3種類くらい購入してみようか…。

「ブッロマローネ」というフランスパン生地にバターを巻き込んで焼いたパンが、イチオシのようでしたが、こちらはハーフカットを購入することができなかったので、断念。夫はゴマパンが好きではないのでゴマ系はやめよう…となると消去法でこちらの3種類になりました。

UVA PASSA《ウーバパッサ》

天然酵母のグラハム入のレーズン胡桃パン。ずっしり重厚。とても濃厚な深い味わいでした。もっちり、というよりホロホロという感じだな、と思ったら栞に「モチモチしない、ほろりとした食感を目指しました」ってそのまま書いてあった(笑)

これはクリームチーズに合いそう。

CIOCCOLATA《チョコラータ》

コーヒー、ビターチョコレート、バター、胡桃を練り込んだパン。チョコ味ですが、甘く無いです。チョコの食事パン?って思われるかもしれまんが、濃厚でクセのあるお料理といただくと食事パンとして成立しそうだと目から鱗でした。「ジビエなど、血の香りの強いお料理やフォアグラによく合います」とありましたが我家の日常にはそういった料理が登場しそうにないです。今日はコーンクリームスープと一緒にいただきましたが、このパンが一番今日のスープと合うと思ったら、ミルク系のお料理におすすめ、と栞にそう書いてあって書いてありまして、「なるほど」と思いました。

CIABATTA2《チャバッタ ドゥーエ》

もっちりしっとりしているチャバタは私の大好きなパン。こちらはライ麦と炒った全粒粉入の生地なので、粉の香りがとっても香り高く豊な味わいでした。シンプルだけどけっこう存在感のある味わいです。(全粒粉を煎る…うん、こんどワタシもマネしてみよう。)「2」ってくらいだからシンプルな「1」があるのかしら?個人的にチャバタとかリュスティックは粉がシンプルなタイプが大好きなので、ベーシックタイプ「1」をいつか食べてみたいです。(あるのかな?)


栞に「トースターやオーブンであたためてお召し上がりください」とあります。確かにどのパンも、そのままいただくより軽くトーストした方が一段と味わいにキレが出て美味しかったです。


大人パンです

Pauseのパンはとっても優秀な大人パンでした。食事パンといっても、ひとつひとつパンの味わいに個性があるので、今日みたいな食事が簡単なスープだけの昼食や朝食のお供にもアリです。

《リストランテのパン》をコンセプトにしているとのこと。薄く切ったチーズ、ルッコラのサラダ、スモークサーモン、生ハム、ワイン…それらをグンと引き立ててくるような期待感があります。次回はこれらを用意して…Pauseのパンをいただくのが楽しみ。今日のように子ども不在の夫婦だけのランチに。

チラシ配ってくれてよかった。近所にあっても永遠に知る事ができなかったでしょうね。

でも水曜日定休なのに火曜日にポストに入れるのはどうかと思いますよー。

Pause

店頭に並んでいるパンの説明書が袋に入っていました。

bause4

  Pause Pane Acacia (ポーズパン アカーチャ)
住所 北海道札幌市中央区南12条西20丁目2-22
TEL 011-511-7775
営業時間 12:00-18:00(売切れ次第閉店)
定休日 水・月に一度連休あり
ホームページ:http://www.qtweb.com/pause/

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です