ドレッジ・スケッパー・スクレッパーとは?

IMG_1826

パン作りのマストアイテム

金属製の方はスケッパーと呼ばれることが多くて、ドレッジと呼ばれる事はあまりないですが、プスチック製の方はドレッジとかスケッパー(スクレッパー)とか…メーカーによって呼び名が違います。

ちなみに、ドレッジとは(川底の泥やものをさらい上げる)浚渫(しゆんせつ)機のことをいうそうですよ。工具のこそげとるへら状の刃状、へあれもスケッパーとかスクレッパーって言いますよね。

私が普段使用していのはプラスチック製の方です。(ややこしいのでスケッパーと呼ぶ事にします。)ボールの中の生地をすくい取ったり、こそげ取ったり、生地を分割したり、クッキーやタルトの材料を切り混ぜたり、焼く前のケーキ生地の表面を平らにすしたり…お菓子作りやパン作りに大活躍してくれます。私にとっては、これ無くしてはパンは作れない!と思ってしまうほどの神アイテムです。

パン作り以外でもり活躍します

細かく切った野菜をボウルやお鍋に入れる時なども、手や包丁で集めないで、ドレッジで集めれば、サっとスッキリ!集め残しがありません。ニラや万能ネギの小口切りを包丁ですくって、ボロボロこぼれ落ちてイラっとしていたのが懐かしくなりますよ。私の持っているスケッパーは耐熱性なので、お鍋やフライパンに残ったソースもサササっとすくいとります。とにかく気持ちが良く片付きます。ゴムベラ(スパチュラ)よりも一気にかき出すことができるのでスムーズです。

オススメスケッパー

スケッパーは色々なメーカーが販売していますが、私のオススメはこちら!

貝印 エンボススクレッパー レッド

適度にしなるのでボウルや鍋へのあたり方もソフトです。ゆで卵やホクホクのジャガイモやカボチャをザクザクっとカットするのが快感!エンボス加工が施されているのでパン生地をカットする際も生地離れが良いです。そしてこの赤色!スケッパーは白や半透明のものが多いですが、調理中に「あれ?どこいった?」と探す事が多々ある私…。たいていは近くにあるのですが、これが白いとけっこう見失うんですよ。我家は調理台もまな板が白だからという理由もあるのでしょうけど…。赤いと存在感がありますから、見失うことがありません

MATFER マトファー耐熱スケッパー ソフト

こちらも適度にしなります。特筆すべき点は120℃までの耐熱仕様であること!お鍋やフライパンのソースがスッキリすくえます。もちろんお菓子やパン作り用にも使えます。他のスケッパーと比べるとちょっとお高いですけど、割れたり摩耗したりせず長年使えるのものなのでアリだと思います。

パンを作る方もそうで無い方も、一度スケッパーを使うと、手放せなくなること必至でございますよ。あ、100均のは欠けるのでおすすめできません…。

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です