札幌に来たら食べるべきアイスクリーム《その1》

私の好物はパンと…実はアイスクリームです。北海道はアイスクリーム屋さんがとても多いです。どこかに出掛けるときまって名物アイスに出会います。出会う都度食べているので、北海道に住んでからというもの、東京にいた時よりもアイスクリーム食べる機会が増えたような気がします。というわけでかれこれ私はけっこう北海道アイスを食べて参りましたのでこうやって時折ご紹介させていただきたいと思います。先日は宝水ワイナリーのソフトクリームでしたが、本日はこちら!

八紘学園 農産物直売所

札幌市豊平区月寒(つきさむ)に全寮制の八紘学園(北海道農業専門学校)があります。こちらの農産物直売所では近郊で採られた新鮮な野菜等の販売をしていますが…名物はなんといっても「ツキサップソフトクリーム」です。GWということもありお目当てのソフトクリームを求めてたお客さんでいっぱいでした。

農産直売所

直売所の裏にあったクラシックトラクター

ツキサップソフトクリーム 

八紘学園のある月寒(つきさむ)という場所はかつて「ツキサップ」と呼ばれていたそうです。こちらで販売されている「ツキサップ牛乳」は八紘学園の職員や学生さんたちが愛情を持って育てた自家生産牛の良質な生乳のみを使用しています。低温(65℃)殺菌することで絞りたての風味に近い風味を楽しめるそうです。その牛乳を使用したソフトクリームがツキサップソフトクリーム。さてこのソフトクリーム、どんなお味かと申し上げますと…直球で牛乳を感じる牛乳ソフトクリームといった感じで、実に美味しいソフトクリームなのです。

八紘学園農産物直売所のソフトクリーム

八紘学園 農産物直売所のソフトクリーム

この美味しさでなぜか270円です。ソフトクリーム相場が300円または350円ですからこちらはとてもリーズナブルですね。

次女はソフトクリームを受け取った数秒後にソフトクリームの上部をボトリと落下させてしまいまいした(涙)あまりに見事な落下劇だったので「うぉぉぉ!」周囲がどどよめきましたよ。(笑)

低温殺菌牛乳とは

一般的な超高温殺菌牛乳は20℃~150℃ 1~3秒のスピーディーな殺菌方法です。栄養成分は変わりませんが、タンパク質が変性し、風味やのどごしは変化してしまいます。低温殺菌牛乳は65℃の場合で、ゆっくりと30分かけて殺菌しています。殺菌に時間はかかりますが、搾りたてのような風味とほんのりとした甘み、そしてすっきりしたのどごしを感じる事ができる!スペシャルな牛乳です。ちなみに写真の左側にある大きなボトルの牛乳、こちらはソフトクリームに使用する牛乳で、ソフトクリーム機にどぼどぼー!っと注いでいました。

牛乳

道民はアイスクリームが大好き?

北海道には随分たくさんアイスクリーム屋さんがあります。北海道の人は本当にアイス好きなんだな…と思ったら…総務省の家計調査から都道府県別アイスクリーム・シャーベット消費量ランキングによると一位は石川県、2位以下は福井県、栃木県、岩手県、東京都…。北海道は34位なんです。えぇぇぇ?!北海道のアイスクリーム屋さんは来ているのは道外の観光客ばかりってこと?でもどこのアイスクリーム屋さんも地元のお客さん率高いと思うんですけどねー。ちなみに消費量が最も少ないのは沖縄県というのは意外です。

八紘学園 農産物直売所

〒062-0052
札幌市豊平区月寒東2条13丁目1-12 八紘学園農産物直売所
TEL:011-852-8081
OPEN 10:00-17:00※4月中旬~11月中旬まで営業
駐車場:有
  ホームページはこちら
http://www.hakkougakuen.ac.jp/nousanbutu/
素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です