パンにカボチャを練り込む方法とカボチャプリンの作り方

かぼちゃパン

かぼちゃパン

カボチャが安いです

9月、10月は北海道カボチャがとても安いです。1個129円で売っていました。この時季、丸ごと1個が衝撃的な価格になってきます。 見かけるとついつい買ってしまいます。丸のままだと部屋に転がしておいても腐らないのですが、カットするとそんなに長持ちしないので、カットしてから、「こんなにいらなかった…」って気づきます。なので毎年この時期はパンにオヤツにオカズに…カボチャだらけになります。

かぼちゃ

割ったかぼちゃ

カボチャをパンに練り込む方法

方法…な〜んていうほど凄い技でも何でもありませんが…

  1. 皮を剥いたカボチャを適当な大きさに切る。
  2. ラップをして600w電子レンジで2分ほど加熱する。
  3. スプーン等で潰す。
  4. あら熱が取れたら、加える水(または牛乳)に軽く溶かしてから粉に注ぎ入れる

と、いった具合です。ホームベーカリーの場合は、わざわざ水(または牛乳)に溶かさなくても、潰したカボチャを粉と一緒にパンケースにドカっと入れたって、けっこ生地になじんでくれることが多いです。でもならないこともあるかもしれないので、念のためにこうすることにしています。

300gの粉で作るパンの場合、カボチャは100g程度がちょうど良いです。ベースとなるパンがある場合は、レシピの水を20%ほど控えめにします。といっても、カボチャによって水分量色々ですからね、毎度バシっと同じ様にはいかないのはご愛嬌ということで。フレーク状のカボチャパウダーを使うと毎度安定した仕上ります。

ちなみに、100gのカボチャは、レンジに入れてから潰している間に水分が蒸発しているんですね。最終的に86gになっていました。

100gのかぼちゃ

100gのカボチャ

マッシュかぼちゃ

マッシュカボチャになったら86gになっていました

カボチャのミニ食パン

 個数

パウンド型(内寸180×80×h60mm)2個分

  材料

強力粉 250g
薄力粉 50g
牛乳 140g
かぼちゃ 100g
バター 15g
砂糖 25g
シナモン 小さじ1/2
ドライイースト 3.5g
予備発酵用のぬるま湯 30g
予備発酵用の砂糖 2g
5g

  焼成温度と時間

焼成温度 210℃
時間 25分

※焼成途中、10分経ったらアルミホイルを被せる。

カボチャプリン

毎年、丸のままカボチャを購入したら、「こんなにいらなかったな…」と思いながら、「じゃ、プリンでも作るか」といった流れで作りはじめます。しょうがないから作ったわりには美味しくて「丸のまま買っておいてよかった♪」となります。プリンを作ると一気に300gのかカボチャを消費します。が、カボチャより生クリーム代の方がはるかに高くというのが微妙な心境…。
野菜系お菓子のを作るとイマイチ喜んでくれない子どもたちもカボチャプリンには大喜びです。子供用とはいえ、風味付けにラム酒も加えています。ラム酒は譲れません。(私も食べるので)カボチャプリンは卵入で焼き固めるタイプもありますが、ゼラチンで固めるタイプの方が、なめらかクリーミーで、私は好きです。

パンプキンプリン

とろとろパンプキンプリン

作り方

150ccの容器6個分

材料

かぼちゃ(可食部) 300g
◎グラニュー糖 60g
◎牛乳 200cc
◎生クリーム 200cc
◎バニラエッセンス 少々
◎ラム酒 小さじ1
*粉ゼラチン 5g
*水 30cc(大さじ2)

1. 粉ゼラチンと水を合わせ、ふやかしておく。

2. カボチャを電子レンジ(600w)で4分ほど加熱し、柔らかくする。

300gかぼちゃ

3. 柔らかくしたカボチャと1でふやかしたゼラチンと◎の材料を合わせ、ブレンダーやフードプロセッサー等で混ぜ合わせる。

ブレンダー

4. 2回裏ごしをする。

*面倒でも裏ごしは2回しましょう。口あたりがなめらか〜になります。

5. 容器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

カップに注ぐ

そのままでも美味しいですが、お好みでカラメルソースをかけていただきます。


ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると嬉しいです♪

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です