紅茶パンにセオリー通り「アールグレイ」にしなかったことの失敗

豆乳紅茶パン

豆乳紅茶パン

実は私は牛乳をそのまま飲むのはそんなに好きでは無くて、我が家で牛乳はそのまま飲むのは次女だけです。豆乳は好きで、最近しょっちゅう飲んでいます。牛乳好きの次女からすると豆乳より牛乳の方が好きみたいですけど。

本日は豆乳紅茶を作って、水の代わりに入れました。水分量はだいたい牛乳と同じなので、135g の水の代わりに150gの豆乳紅茶です。紅茶を煮出していたら思った以上に量が減ってしまってびっくり。

紅茶はアールグレイが良い

今回の失敗は、茶葉にはお徳用の紅茶を使ってしまったこと。まったく香りが無い…。やはりケチらずにちゃんとセオリー通り「アールグレイ」を使うべきでした。豆乳紅茶に2パック、生地に練り込むものに1パック…3パックも使えば「お得用」でも香りがするかな、なんて思っていたんですけど。これはただの「豆乳パン」です。豆乳パン…これはこれで牛乳パンと違った味わいが美味しいので良いんですけど、「紅茶パン」とするには紅茶の香りが無くてダメです。

豆乳パンと味が同じ…

豆乳パンと味が同じ…

無調整豆乳と調整豆乳と豆乳飲料の違い

先日「調製豆乳」を間違って購入してしまいました。ちょっと飲んでみましたけど、香料の強さと甘さでギブアップ…。豆乳を飲みやすくするために「調整豆乳」があるらしいけれど、「無調整豆乳」の方がずーっと飲みやすいと思うのは私だけでしょうか。昔の豆乳は青臭くて飲みにくかったと聞きますけどね…。ちなみに牛乳とはちょっと違うけれど、豆乳にも定義の違いがあるみたいです。

豆乳(無調整豆乳)
  • 大豆固形分8%以上(大豆タンパク質換算3.8%以上)
  • 原材料は大豆のみで文字通り大豆以外、食品添加物等は使用されていません。
調整豆乳
  • 大豆固形分6%以上(大豆タンパク質換算3.0%以上)
  • 原材料は大豆および脱脂加工大豆
  • 砂糖や塩(食用植物油脂、調味料、風味料、食品添加物、香料、着色料など)
豆乳飲料
  • 大豆固形分4%以上(果汁入りは大豆固形分2%以上)
  • 原材料は大豆および脱脂加工大豆
  • 砂糖や塩(食用植物油脂、調味料、風味料、食品添加物、香料、着色料など)

バナナとかコーヒーとかの味が付いているものは「豆乳飲料」なんですね。

豆腐も失敗

ちなみに、無調製豆乳(大豆固形分9%)400ccに「天海のにがり」(赤穂化成様製造)20ccで500wの電子レンジで5分。豆腐はできませんでした…。ゆるゆるすぎ。大豆固形分は12%くらいの濃厚なものじゃないといけないみたいです。

豆乳ミルクティーパン

満足度
70%

茶葉にはアールグレイ、必須です。お徳用紅茶では全く香りがしなくてがっかり。

 本日の個数

10個

  本日の材料

赤文字部分は「基本のパン【シンプルプチパン】」のアレンジ箇所です。

強力粉 300g250g
薄力粉 50g
とかち野酵母※ 1回分(※4g)
135g(※185g)
豆乳紅茶 煮出して150g
砂糖 18g
オリーブオイル 大さじ1杯(13g)
4.5g
紅茶 煮出用2パック、生地に練り込む用1パック
仕上げ用強力粉 適量

※はドライイーストの場合。

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃180℃
焼成時間 15分

 本日の発酵条件

室温 20℃
湿度 50%
2次発酵 50分
2次発酵の場所 室温:50分
素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です