贅沢に使わないと無駄になるワイン

赤ワインとレーズンのパン

赤ワインとレーズンのパン

たまにパンづくりの本で見かけます。「赤ワインのパン」。イチジクやクリームチーズ等、赤ワインのオツマミが入っていることが多いです。今回そんな気取ったパンを作ってみました。が、何がいったいどうしたのか、どうやら強力粉が50g少なかったようで、計算上では水分量が75%の高加水めタイプのパンになってしまいました。赤ワインのハードパンをイメージしていたのですが、ふっくらしっとりのパンになりました。

赤ワインはしっかり煮詰めてアルコールを飛ばす!ということで、赤ワインは倍量必要です。

とにかく面倒くさがりの私なので、水の代わりに赤ワインを入れてしまいたかったのですが、アルコール分が発酵の妨げになるので多めのワインを鍋で煮詰めてアルコール分を飛ばします。135gの赤ワイン液?が必要なので1カップ200gくらいのワインで十分かしらとグラグラ煮たてているうちに75gに激減!足りない分は水を加えました。結果出来上がったパンは…赤ワインの香りは全くせず…。赤ワインパンを作っていらっしゃる皆さんは「ふんわり赤ワインの芳香ただよう…」なんてコメントされていますが。私の舌がどうかしているのか、煮立たせたのが悪かったのか、そもそも足りなかったのか(全水分のうち50gは予備発酵の水なので…水分のうち40%だけがワインということ)可愛いピンク色のレーズンパンといったところです。

手違いで粉が足りなかったので超しっとり…。子ども達には好評で「しっとりしていて美味しい」「レーズンが入っていて嬉しい」「ピンクで可愛い」と。
今回は赤ワインをの功績は「ピンクで可愛い」だけです。これなら紫芋パウダーので良かった…トホホ。200ccのワインを無駄遣いしてしまいました。

あぁ、もったいないことをしてしまった…と思いつつも「ふんわり赤ワインの芳香ただよう…」を実感したいので、いつかはやっぱり赤ワイン100%で「ハード系赤ワインパン」を作ってみたいです。約400ccのワイン、功を奏すか否か…。贅沢な挑戦です。

赤ワインレーズンパン

満足度
60%

ワインは微妙に使うとむしろ無駄になります。次回は贅沢に使用することにします。

 本日の個数

10個

  本日の材料

赤文字部分は「基本のパン【シンプルプチパン】」のアレンジ箇所です。

強力粉 300g200g
薄力粉 50g
とかち野酵母※ 1回分(※4g)
135g(※185g)60g(※110g)
赤ワイン 200g(煮詰めて75g)
砂糖 18g
4.5g
仕上げ用強力粉 適量
レーズン 50g

※はドライイーストの場合。

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃
焼成時間 15分

 本日の発酵条件

室温 17℃
湿度 47%
2次発酵 35分
2次発酵の場所 室温:20分
オーブンの上:15分
素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です