日常使いにオススメのオリーブオイルとは

オリーブオイルととパン

パンにオリーブオイル

今でこそ私は「パン+EXVオリーブオイル」派ですが、私の幼少期は「パンにはバター」が定番でした。1990年頃のバブル期イタ飯ブームをきっかけに?オリーブオイルは一般家庭に普及したのでしょうか…いつの間にか、我が家でもごま油と同じようなポジションでオリーブオイルが常備してあったような気がします。大人になって、色々なレストランに行く機会が増えてきて、「パン+EXVオリーブオイル」に遭遇する機会が増えました。そして気づいたら、自宅でも「パン+EXVオリーブオイル派」になっていました。もちろんバターも好きですけどね。

美味しい高級オリーブオイル

街にはワインのごとく、ピンからキリまでのEXVオリーブオイルが販売されていますが、高価なEXVオリーブオイルが必ずしも価格ほどの満足感があるかというと、そうでも無い気がします。希少価値があったり、個性的な味わいの違いはもちろおんありますが、それが自分の好みなのか、というとそうでもなかったりすることもあります。個性的でスパイシーなものはけっこう高価ですが、庶民的な私としては尖った個性のオリーブオイルよりもマイルドな方が好きなので、けっこうリーズナブルなもので満足できてしまいます。

憧れのラウデミオは庶民の私には高貴すぎたかな

憧れのラウデミオは庶民の私には高貴すぎたかな

ピリリとフルーティーでスパイシー。オリーブオイルの高貴な味わいというものはこういうものなのでしょう…。高いだけあって?美味しいです。もったいぶって使っているだけでテンションが上がってしまいます。なんだか特別な気持ちになれるという意味では価値ある逸品です。

アマゾンからのお買い物はこちらからできます。気になる方はどうぞ  icon-arrow-circle-down 

普段使いのおすすめオリーブオイル

カルディコーヒーファームので売っている「ラニエリ エキストラバージンオリーブオイル」、これは コールドプレス製法で、オリーブを絞っただけの熱処理を全くしていないものだそうです。際立った個性はありませんが、私はむしろそこが好きです。「個性が無い」といっても「余計なクセが無い」ということでして、色も香りも豊かで、十分フレッシュでフルーティーな味わいです。コスパ的にも良いので、カルディに立ち寄った時には買っています。個性派好きさんには物足りないかもしれませんが、私にはちょうど良いです。

オリーブオイルと五穀パン

楽天からのお買い物はこちらからできます。気になる方はどうぞ icon-arrow-circle-down

五穀パン

炊飯用の五穀ミックスを使って、懲りずに「五穀パン」を焼きました。以前のようにミックスを直接生地に入れるなんてことはせずに10分ほど茹でてから投入しましたが…「ぷちぷち」なんてかわいい歯ごたえではなく、歯に詰まりそうな違和感でして、大失敗です。10分では足りなかったのでしょうね。スーパーに「蒸した五穀ミックス」が大豆の水煮等を売っているコーナーに置いておありましたから、あれを使えばきっと美味しいものが出来上がることでしょう。

五穀パン

五穀パン

五穀パン

満足度
60%

 本日の個数

8個

  本日の材料

赤文字部分は「基本のパン【シンプルプチパン】イースト編」のアレンジ箇所です。

強力粉 250g
ドライイースト 3.5g(小さじ1)
予備発酵の水 30g(大さじ2)
155g
砂糖 20g
4.5g
仕上げ用強力粉 適量
ポピーシード 適量
五穀ミックス 25g

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃
焼成時間 15分

 本日の発酵条件

室温 17℃
湿度 45%
2次発酵 30分
2次発酵の場所 オーブンの発酵機能(30℃):15分
オーブンの上(約35℃):15分
素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です