卵1個を追加することの効果

卵パン

卵1個入りパン

面倒なことはしたくないし、副材料を色々入れるのももったいない(?)し、でもプレーンなパンも飽きた、なんてときは牛乳を入れるとかバターを入れるとか、何か一つだけ副材料を入れて気分転換をします。本日は卵1個。

卵を加えることの効果

・味

・栄養価

・しっとり

・卵黄の乳化作用

・卵白の保形性

・窯伸び(ボリューム)

…色々ありますが、卵1個入れてはっきりわかるのが、サックリとした食感とほっこりとした味わいが魅力です。この卵1個追加パンを食べながらいつも思うことは「バターや牛乳を加えればもっと美味しいんだよね〜」と。不思議と卵1個入れるともっと贅沢をしたくなる欲望にかられるのです。シンプルなパンの時はそんな気持ちにはならないんですけどね。

卵の水分を差し引きます。

卵を入れるわけなので、加えるの水から卵の水分量を差し引きます。卵に限らず、牛乳やバターを加える時、水分量を計算しないといけないです。いつか表でも作ってどこかに貼っておこうと思っています。(永遠にやらなそうだわ)

全卵水分=76%

MSサイズの卵だったので1個55gほど。つや出し用に少し残して…45g入れました。ということなので、加える水は…150g-34g=116gということになりまする。

残ったつや出し用の卵は10g。足りそうな足らなそうな…。足りなそうなら水を足します。少々薄くても十分ツヤツヤになりますよ。

卵パンの時はちょっと砂糖多めで甘い生地が合います。といっても入れすぎるとオヤツパンになってしまうので…もうちょっと多くてもいいかな…と思うギリギリのところで抑える控えめの甘さにしました。あくまでもこれは食事パンなので。

デコロール

IMGP6164

IMGP6353

ひな祭りで思い出しました。そういえば長女がまだ一人っ子だった時、誕生日やおひなまつりや…デコロールを作っていました。一人っ子の母時代は色々やっていたものです。けっこう失敗無く作れますよ。お時間のある方、よかったらやってみてください。出来上がった時はちょっと鳥肌ものです。「デコ・ロール作っちゃお!」という本を見ながら作りました。とても詳細な解説です。見た目だけではなく、しなやかで弾力のあるしっとり美味しいですヨ。

卵一個入りパン

満足度
95%

 本日の個数

10個分

  本日の材料

赤文字部分は「基本のパン【シンプルプチパン】イースト編」のアレンジ箇所です。

強力粉 300g
ドライイースト 3.5g(小さじ1)
予備発酵のぬるま湯 30g(大さじ2)
予備発酵の砂糖 2g
150g
砂糖 22g18g
4.5g
1個(45gは生地に、残りはツヤ出しに)

  本日の焼成温度

焼成温度 190℃180℃
焼成時間 15分

 本日の発酵条件

2次発酵 25分
2次発酵の場所 オーブンの発酵機能(30℃):10分
オーブンの上:15分


いつもたくさんのご訪問&応援クリックを本当にありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると嬉しいです♪

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です