新聞紙の型でつくる、しっとり本格大きなカステラ

ふっくら大きく焼き上がった大きなカステラを見たら、こんなに大きなカステラを独り占めできるなんて夢のようだわ!と感動すること間違い無しですよ。シンプルな配合で作り方も簡単です。新聞紙で作る型が、生地をゆっくりじんわり加熱させて、しっとりキメのそろったカステラにしてくれます。思わず焼きたてを食べたくなるところですが…翌日以降が味もなじんで食べごろです。

カステラカット

新聞紙の型を作ります

icon-arrow-circle-down 作り方はこちら

カステラには新聞紙の型が良い理由
夫の鷄が産んだ卵が冷蔵庫に30個…。こうなるとちょっとやそっとじゃ減らないから、こういう時には決まって「カステラ」もう何回焼いたかわ...

  材料

M8個
強力粉 200g
砂糖 250g
牛乳 50g
はちみつ 50g
ザラメ(あれば) 30g

  作り方

  • 牛乳と蜂蜜を耐熱容器に入れて電子レンジで20秒加熱(もしくは湯煎)し、蜂蜜を溶かす。
  • 型底にオーブンシート(20㎝角)を敷き、その上にザラメをまんべんなく敷く。
  • オーブンを180度に予熱する。
  1. ボウルに卵を入れ、ハンドミキサー【強】で5分混ぜる。
  2. 砂糖を加えてさらに5分混ぜ、温めた牛乳と蜂蜜を加え、さらに2分混ぜる。
  3. 強力粉を2~3回に分けて加えハンドミキサーでムラなく3分混ぜる。
  4. 型に流し込み、竹串を底に届くまで垂直に差し込んで縦横左右にジグザグ手早く動かして泡切りをする。
  5. 180度で約10分、150度に下げて約60分焼く。
  6. 焼きあがったらすぐに型からはずしアルミホイルをはがす。(クッキングシートは付けたまま)熱いうちにラップに包んで上面を下にして冷めるまで置く。
底のクッキングシートは貼付けたまま、下面を下にして。

底のクッキングシートは貼付けたまま、下面を下にして。

カステラ表面

上面に乗せるラップをピンと張らないと表面がしわくちゃに…

さぁ!思う存分独り占めしてください。

ドドーンと夢の大人食いをするも良し、美しく切り分けるも良し、竿状にしてプレゼントするも良し…好き放題してください。

カステラ大

切り落とした端っこもまた格別の美味しさです。

カステラ切れ端

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です