お花ベーグルのつくりかた

ベーグル

すっかり寝坊してしまって、朝食時間まで時間しかない!でもパンが食べたい!というときは余熱焼き時間の短い「白パン」にすることが多いのですが、もっと時間が無い時は「ベーグル」です。約45分の一次発酵をしないので、かなりの時短になります。ただ、短時間に成形や茹で等の作業が集中するので、ちょっと慌ただしいです…。

さて、本日は時間が無いといいながら、数個だけお花ベーグルにしてみました。ねじりが加わることで複雑な噛み応えがうまれます。ベーグルは弾力があるので、輪になっている方がちぎりやすくて食べやすいので…私は輪のベーグルが好きなのですが、たまにこういうお花ベーグルが食卓にあがるのも良いです。

お花ベーグルの作り方

「捏ね」の作業が終わったらするに6分割にし、軽く丸め濡れ布巾をかけて5〜10分程ベンチタイム。※少し寝かせることで成形しやすくなります。

1. 手粉をつけて30㎝くらいの長さの棒状にします。長さが足りないと失敗するので要注意!

2. 一方が長くなるように結び、長いほうを輪に通します。

ベーグル1

3.端同士をつなげて、裏返し…

ベーグル2

お花の完成です。

ベーグル3

カレースープ

札幌グルメといえば「スープカレー」!ただでさえ飽きっぽい札幌民ですから、一時のブームが過ぎ下火になりスープカレーは消えてゆくかと思われたのですが、今ではすっかり市民に定着しています。自宅でも作れないことも無いのでしょうけど、本気で作ろうと思うとルーカレーより仕込みや仕上げに手間がかかるので…本当に美味しいスープカレーを食べたいのであれば、専門店に行くことをオススメします。じっく煮込んだ複雑なスープの味わいや本格的なスパイシー感はちょっと家庭では難しいですからね。札幌では定着した「スープカレー」…何故か道外ではあまり定着しないみたいですね。儲からないからかな…。

レゴンのハニーハーブチキンスープカレー!

レゴンのハニーハーブチキンスープカレー!

さて、前置きが長かったのですが…先日我が家で作ったカレールーが微妙に余りました。毎度のことですが、カレーを作ると、当日と翌日食べて、1食分弱余ります。これはきまって朝スープになります。これは巷の「スープカレー」とは異なり、「カレースープ」です。忙しい朝は短時間で調理を仕上げたいので、キャベツと玉ねぎをは千切りにして炒めます。余ったルー&湯&塩麹を追加して軽く煮込んで完成です。大人用にはガラムマサラとレッドペッパーを仕上げに振りかけます。

カレースープ

超短時間で出来上がる割りには、寝かせたルーがコクのある深い味を演出してくれます。我が家のとっておきのスープです。

ちなみに…こちらオススメ!

スープカレーの話に戻りますが、私のオススメのスープカレー専門店はは札幌市西区にある「スパイシースープカリー レゴン」です。薫り高ーいスパイシーで深いスープもさることながら、美しく盛られたボリュームある具材も嬉しいです。パリパリチキンスープカレーが一番人気のようですが、個人的にはハンバーグスープカレーが好きです。焼きたてハンバーグがら流れ出る肉汁入のスープが妙にクセになります!

スパイシースープカリーレゴン

〒063-0062札幌市西区西町南18丁目1-40
TEL : 011-667-0347
OPEN 11:30~15:00(LO14:30)/17:00~21:00(LO20:30)
※年中無休
駐車場:有

  ホームページはこちら
http://www.soupcurry-legon.com/

ベーグル

満足度
100%

 本日の個数

6個

  本日の材料

赤文字部分は「基本のパン【シンプルプチパン】イースト編」のアレンジ箇所です。

強力粉 300g
ドライイースト 3.5g(小さじ1)
予備発酵のぬるま湯 30g(大さじ2)
予備発酵の砂糖 2g
155g
砂糖 18g
4.5g
仕上げ用強力粉 適量

  本日の焼成温度と時間

焼成温度 190℃220℃
時間 15分

 本日の発酵条件

2次発酵 25分
2次発酵の場所 30℃:10分
余熱中のオーブンの上:15分


いつもたくさんのご訪問&応援クリックを本当にありがとうございます!
よろしければ今日も「読んだよ」のしるしに
下のバナーを押していただけるととっても嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると嬉しいです♪

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です