プルプル食感のフレンチトーストの作り方とコツ

フレンチトースト

フレンチトースト

世界一?美味しいフレンチトーストを真似る

こども達のおやつにと、思いついたときにササっと漬け込んで、あまり漬け込まないうちに焼く事が多かったフレンチトースト。以前の記事にあります、こういうのです。

《独断》札幌で一番美味しいパン屋さんはここ!
boulangerie coron(ブーランジェリー コロン) 長女が学校の授業で「赤れんが庁舎」の勉強をしているようなので、行ってみ...

これはこれで十分美味しいのですが、やっぱり気になるのが、世界一美味しい?と絶賛されるこれです。

というわけで本日作ってみました…いや、真似てみました、いや、参考にしました、というところです…。せっかくならば角食パンを用意して忠実に再現してみたかったのですが、ミニ食パンの余りがあったので、耳も切り落とさずにこちらを使いました。でも、シェフのポイント…

たっぷりめの卵、牛乳のつけ汁にじっくりひたす。弱火でじっくり時間をかけて、中身をふくらませるように焼く。

という教えはしっかり守りましたよ。

フレンチトースト1

フレンチトースト2

フレンチトースト3

たっぷりめのバターを入れて蓋をして、両面をじっくりじっくり15分間蒸し焼き。すると…プリンでもない、パンでもない…えも言われぬ、しっとり、ぷるりとした絶妙な食感のフレンチトーストに仕上りました。

フレンチトースト

Yuccoのフレンチトーストの作り方

2人分

* オークラレシピとは異なります。作りやすい材料にアレンジしました。

  材料

四つ切り食パン 2枚
◎牛乳 300cc
◎卵 2個
◎砂糖 大さじ1
◎バニラエッセンス(お好みで) 少々
バター 20g

*お好みで粉砂糖やメープルシロップやジャムを添えて

作り方

  1. 食パンは耳をカットして半分に切る。
  2. バットに◎の卵液の材料を入れて、混ぜ合わせる。
  3. 1のパンを2の卵液に24時間漬け込む。(途中裏返す)
  4. フライパンにバターの半量を弱火で溶かし、3のパン1枚分を入れる。
  5. 両面、弱火で蓋をし、約15分じっくり焼く。
  6. 残りのパンも同様に焼く。

お好みでシロップや粉砂糖をかけていただきます。

で・も・まずは何もかけずに召し上がってみてください!

プルプル食感のポイント
  • 食感を堪能するためにも食パンは厚切りに!
  • パンが卵液を完全に吸い取るまでじっくり…24時間漬け込む!
  • プルプルフレンチトーストが崩れるので…焼いている途中は動かさない!
  • 弱火でじっくり時間をかけて、中身をふくらませるように焼き、生焼けでもなく、卵焼きでもなくプリン状態にする!

フレンチトースト


ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると嬉しいです♪

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. チヨママ より:

    目から鱗です。今までアパレイユに一晩浸けこんでフライパンにバターを敷いて表面を焼くだけ。外はカリッとしても中身はグチョっとしてイマイチと感じていました。ストウブ鍋で10分蒸し焼きにしたら最高でした。こんなにおいしいフレンチトーストが自宅で食せるなんて幸せです。レシピを掲載していただき感謝です。

    • yucco より:

      コメントありがとうございます!じっくり蒸し焼きすることでしっかり熱が通り、生焼けにならないんですよ~。
      私、以前は中が生っぽいのが気になるから…むしろじっくり付け込まないで芯が残っている方が良いような気がしていたのです。
      蒸し焼きで解決でした♪
      たかがフレンチトースト…と思いきや、意外と時間のかかる贅沢なおやつなんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です