結晶化したはちみつを瞬時にサラサラに溶かす方法

ミルクティーパン

ミルクティーパン

20g余っていたアーモンドプードルに引き続き、本日はたった1個だけ余っていあたアールグレイのディーバッグのことです。アールグレイは普段あまり飲まないので…意識的に常備しているというより、お菓子やパン作りの時にしか使わないので無くならないからある、といったところです。いつも食在庫にひっそり残っています。微妙に残ったものがあると片付けたくてしょうがなくなってしまう私…。最後の1個になっていたアールグレイはエイ!っとパン生地の中に入れたのでした。

ミルクティーパン

アールグレイは1パック(1.5g)で十分です

本日使用したアールグレイは、1年くらい前にダイソーで購入したアールグレイだと思います。とても細かい茶葉です。以前紅茶パンを作った時は2袋(3g)いつもの300gの粉の生地に入れたわけですが、本日は1パック(1.5g)しかなかったので、それだけ生地に混ぜ込みました。食事パンとしてはむしろこの1袋で良いと思いました…。(茶葉にもよるんでしょうけど)

アールグレイ

ほんの1.5gのアールグレイは、それでもかなりの存在感です。以前、ミルクティーパンを作った時には、御丁寧にミルクティーを淹れて冷ましてから仕込んだのですが、今回は面倒だったので、粉に紅茶の葉を淹れて仕込み水を牛乳にして焼いたところ、全く問題無く仕上がりました。御丁寧に淹れた自分がお気の毒様でした。

結晶化したはちみつを瞬時にサラサラに溶かす方法

スプーンと器ごと電子レンジでチン

ミルクティーパンにははちみつが良く合いますからね…。ただ、現在在庫しておりますハチミツ、完全にコチコチに結晶化してしおります…。容器ごと湯煎で溶かしても、それを繰り返す度に嫌がらせの如く結晶化のスピードは早まります…。

ザリザリはちみつは苦手なので、もう泣きたくなりました。ということで、最近は、使う分だけプラスチックのスプーンですくって、スプーンごと電子レンジで強制的に溶かしています。大さじ1、2くらいのはちみつなら10〜20秒でサラッサラです。スプーンに貼り付いたはちみつも一緒にさらりと流れます。この程度の時間ならテキトウな皿とスプーンで大丈夫です。

はちみつ

寒さだけではない…はちみつが固まる原因と対策
我家の朝食のテーブルに上がるパンのお供は、オリーブオイル、塩、バター、はちみつ、季節のジャム類です。特にはちみつは家族が大好きですし...

加熱のしすぎにはくれぐれも注意です

  • ほんの数秒なので何のスプーンでも大丈夫ですが、金属のものはダメです。
  • これはスプーン数杯程度の量だから為せる技…。容器ごと、とか大量の結晶ハチミツの電子レンジ融解はお避けください。とにかくすぐに過熱するので全体が溶けるころには一部過熱状態になってしまいますから。(やろうとして途中で危険な予感がしてストップしたバカな私…)
  • サラッサラはちみつはパンに塗りにくいのでと「とろとろ」にしたい場合、サラッサラになる直前を見極めて加熱をストップしなくてはなりません。あっという間にサラッサラのはちみつになってしまいます。

 本日のパン:ミルクティーパン

 本日の個数

10個

  本日の材料

赤文字部分「基本のパン【シンプルプチパン】イースト編」のアレンジ箇所です。

強力粉 350g
薄力粉 50g
ドライイースト 3.5g(小さじ1)
予備発酵のぬるま湯 30g(大さじ2)
予備発酵の砂糖 2g
155g
牛乳 180g
砂糖 18
4.5g
アールグレイ 1.5g
仕上げ用強力粉 適量

  本日の焼成温度と時間

焼成温度 180℃
時間 15分


ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると嬉しいです♪

素朴でおいしいとかち野の酵母のプチパンバナー
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です